ブログ

車の売却時に必要な書類は?印鑑証明書は何枚必要?

車を買取り業者に売却する時に必要書類がいくつかあります。ご自身で用意するべき印鑑証明書などの書類と買取り業者が用意する委任状・譲渡証明書などの書類などがあります。売買契約時に不備がないようにお早めにご準備とご確認をされることが大切です。今回の記事では、車の売却時に必要な書類を整理してまとめてみましたので、是非ご参考にしてみて下さい。

車を売却する時に必要な書類とは

車を売却する時に必要な書類は、「普通自動車」と「軽自動車」で大きく異なります。
普通自動車は印鑑証明書など公的な書類を必要としますが、軽自動車は必要ありません。

 

普通自動車の売却時に必要な書類

  • 自動車検査証(車検証)
    所有する車に関する情報が、車検証の中にすべて記載されています。
    ほとんどの人が車のダッシュボードに入れていますが、万が一、これを失くした場合は運輸支局にて再発行してもらう必要があります。
  • 自動車納税証明書
    自動車納税証明書は、自動車税の納税証明書のことを言います。
    郵送にて毎年5月に納税通知書が来ますので、これを支払っているかを確認するための証明書です。万が一、紛失した場合は、運輸支局にて再発行が可能です。
  • 印鑑証明書と実印
    印鑑証明書は居住している市区町村で発行します。普通自動車の売却時に買取業者へ提出する必要があります。
    また印鑑証明書に登録している実印を用意しておく必要があります。
  • 自賠責保険証明書
    車を所有するすべての人が、自賠責保険に加入する義務があります。
    この自賠責保険に加入していて保険料をきちんと納めたことを証明する書類として、自賠責保険証明書が必要となります。
    紛失した場合は、加入している保険会社に問い合わせると再発行が可能です。
  • リサイクル券
    リサイクル券とは、リサイクル料金を支払ったことを証明するための書類です。
    万が一、紛失した場合は自動車リサイクルシステムのウエブサイト上から再発行の手続きが可能です。買取り業者にご相談ください。
  • 委任状
    車を買取り業者に売却する場合は、委任状が必要になります。
    委任状の書類は一般的に買取り業者側で用意します。その委任状に印鑑証明書に記載されている通りの氏名(所有者)と住所を記入し、ご実印で捺印頂きます。
  • 譲渡証明書
    車の売却や譲渡をしたことについて、譲渡証明書によって証明されます。
    委任状と同様に氏名(所有者)と住所を記入し、ご実印で捺印頂きます。
    こちらの書類も一般的には買取り業者側で用意します。

 

 

 

軽自動車の売却時に必要な書類

  • 自動車検査証(車検証)
    所有する車に関する情報が、車検証の中にすべて記載されています。
    ほとんどの人が車のダッシュボードに入れていますが、万が一、これを失くした場合は運輸支局にて再発行してもらう必要があります。
  • 軽自動車納税証明書
    普通自動車と軽自動車とでは名称が異なり、軽自動車納税証明書となります。
    普通自動車と同様に、郵送にて毎年5月に納税通知書が来ますので、これを支払っているかを確認するための証明書です。万が一、紛失した場合は、運輸支局にて再発行が可能です。
  • 自賠責保険証明書
    車を所有するすべての人が、自賠責保険に加入する義務があります。
    この自賠責保険に加入していて保険料をきちんと納めたことを証明する書類として、自賠責保険証明書が必要となります。紛失した場合は、加入している保険会社に問い合わせると再発行が可能です。
  • リサイクル券
    リサイクル券とは、リサイクル料金を支払ったことを証明するための書類です。
    万が一、紛失した場合は自動車リサイクルシステムのウエブサイト上から再発行の手続きが可能です。買取り業者にご相談ください。
  • 印鑑
    軽自動車の売却時にも印鑑が必要となりますが、認印で問題ありません。
    普通自動車と異なり、実印や印鑑証明書は必要ありません。
  • 申請依頼書
    軽自動車の売却時に買取り業者から記入、捺印(認印)を求められる書類は申請依頼書のみです。
    申請依頼書の書類も一般的に買取り業者側で用意します。

 

車の売却時の書類を準備する上での注意点

車検証所有者欄の氏名と住所と印鑑証明書の内容と相違がないかは必ずにご確認ください。
またその他の注意点についてご紹介します。

 

結婚で姓が変わった場合や、住所変更した場合は要確認!

結婚で姓が変わった場合や、車のご購入後に住所が変わっている場合は以下の書類を追加でご準備頂きます。
特にお車を購入後にお引越ししている場合は、車検証所有者欄の氏名と住所が異なっている可能性がありますので、要確認下さい。
もし違っている場合は、名義変更・抹消手続き等ができません。

 

以下、結婚で姓が変わっている場合・住所変更した場合の追加書類です。

 

1回お引越しした場合
  • 住民票
    通常は市区町村の窓口で住民票を発行してもらえますが、専用の機械が設置されていれば休日でも発行可能です。また、コンビニで発行可能なところもあります。
2回以上お引越しした場合
  • 戸籍附票
    本籍地の市区町村で取得することになります。遠方の場合は郵送で送ってもらうことも可能ですので、本籍地の役所に問い合わせして下さい。
姓(苗字)が変更した場合
  • 戸籍謄本
    戸籍謄本が必要になるのは、車検証に記載された氏名が現在の氏名と変更があった場合です。戸籍謄本が必要な場合は、本籍地の市区町村にて取得します。

 

印鑑証明書は何枚必要?有効期限にも注意!

車の売却時に必要な印鑑証明書は原則1枚で大丈夫です。発行日より1ヵ月以内のものをご準備下さい。

 

必要書類を失くした場合の対処法

売却に必要な書類を失くしてしまった場合は再発行が出来ますのでご心配いりません。
対処法については以下の通りにまとめましたのでご確認ください。

  • 自動車検査証(車検証)
    陸運局で再発行の手続きを行います。再発行の際は、手数料300円と申請書100円が必要です。
  • 自動車納税証明書
    自動車納税証明書は、各都道府県の自動車税事務所で再発行できます。手続きには車検証、印鑑、本人確認書類が必要です。
  • 自賠責保険証明書
    保険証の再発行は、契約している保険会社に問い合わせましょう。
    もし、契約している保険会社がわからない場合は購入した販売店に確認してください。
    ほとんどの保険会社は無料で再発行に対応していますが、一部手数料が必要なケースもあるので契約先に確認してみて下さい。
  • リサイクル券
    紛失した場合は自動車リサイクルシステムのウエブサイト上から再発行の手続きが可能です。買取り業者にご相談ください。

 

まとめ

車の売却時に必要な書類についてはいかがでしたか?
なかなか慣れないことも多く、ご不安な方もいらっしゃるかと思いますが、大体のことは買取業者が代行や、アドバイスされるのでご安心ください。
車の売却に関わる手続きは買取り業者が代行しているところもあります。大切な愛車をご売却する際はトラブルが生じることがないように、信頼性の高い、実績豊富な買取業者を慎重に選びましょう。

 

タイロッドは事故車・廃車の買取り専門店です。お車のお引き取りから書類手続き、全て無料で行っています。
事故車や廃車に関することはなんでもご相談ください。

→事故車・廃車の高価買取はタイロッドにお任せください

 

事故車 高価買取

関連記事