ブログ

車両保険のレンタカー特約って何なの?

車両保険のレンタカー特約って知っていますか?

レンタカー特約とは、交通事故により車両が工場にて修理となった場合、その期間、契約者がレンタカーを借りる費用(実費)を補償してくれる特約です。

いざという時に非常に頼りになる、毎日おクルマを使って生活されている方には不可欠な特約になります。事故で経済的損失の出る中、実費でレンタカーを借りてさらに負担が大きくなる状況を想像してみてください。それだけは避けたいところですね。

この特約、会社により「代車費用特約」「レンタカー費用特約」「事故・故障時代車費用特約」など名称が変わります。なお代車費用特約は車両保険に加入している場合に付帯を選択できる特約です。

注意すべきなのは、保険会社によって適応範囲が異なることです。

事故、故障修理の両方が対象になるもの、事故のみが対象になるもの等様々です。お勧めするのは事故、故障の両方をフォローした内容の特約です。

事故や修理でクルマ屋に入庫した時に、当たり前のように無料代車が借りられる、と思っている方も多いかと思いますが、あくまでそれはクルマ屋さん側の『サービス』です。

もちろん、サイズの指定なども原則的には出来ません。

修理期間をストレスなくレンタカーに乗って過ごせるよう、レンタカー費用特約は是非付帯することをお勧めします。

 

参考までに、相手の有る事故の場合、相手さんの保険からレンタカーが出るのでは?というご質問もよく受けます。

これは、答えとしては正解でも不正解でもない、と言ったところ。

100:0で相手側に過失がある場合、レンタカー要求は可能ですが、双方に過失がある事故(そのケースの方が当然多いです)では、対象外となります。

 

具体的な補償内容は?

では、補償を少し具体的に見てみます。

 

補償期間は30日間が一般的。

保険金額(補償されるレンタカー台)は日額5000, 7000, 10000円などになります。

保険料は年間10000円程度、になります。

補償期間 30日間 (注)
保険金額 日額5000, 7000, 10000円など
保険料 年額10,000円程度が一般的

 

(注意)

補償期間は30日間なのですが、起算日は2パターンに分かれます。(保険会社によって異なります)

A レンタカーを借りた日が起算日になる

B事故日、若しくは工場への入庫日が起算日。

つまり、Bのパターンの保障では、事故当日からレンタカーを借りるまでに日数が経過していた場合、その日にちもカウントされてしまうので30日間レンタカーを借りれるわけではない、という事になります。

 

レンタカー特約を使うと等級はどうなるの?

色々と便利なレンタカー特約ですが、使ってしまって翌年の保険料が高くなるのかは気になりますよね?

一般的には車両保険を同時に使うため、翌年の保険は1または3等級ダウンとなります。

これは、レンタカー特約を使ったから、ではなく事故によって車両保険を使うから、保険等級がダウンする、という意味です。

 

車両保険を使わず代車費用特約だけを使った場合、ノーカウント事故として等級に影響がないとする保険会社が一般的です。

注意)等級の判断は会社により異なるため、特約のみを使う場合は事前に確認しておいたほうが良さそうです

 

まとめ

長々とした文章になりましたので重要なポイントを最後にまとめておきます

  • レンタカー特約は、事故により(契約によっては故障も)お車の修理が必要とった場合、その期間内、30日間を限度として契約者さんがレンタカーを借りる実費を保証してくれるものです
  • レンタカー特約は、車両保険に加入している契約者さんがつけることのできる特約です。特約は車両保険で補償される事故時に使うことが出来ます。
  • 保険についているロードサービスを使った際の緊急時の代車特約、とは全く異なります。

 

事故車買取を日々させて頂いている中で、保険のご相談は非常に多いです。事故をされたお客様本人が保険の知識がないのはある意味当たり前と言えます。

補償内容は各社異なります。後から『知ってりゃ良かった!』とならぬよう、保険証券をお手元にもって、ぜひご相談下さい。

 

事故車買取タイロッド 大阪店

無料ご相談、お問合せはこちら

事故車 高価買取

関連記事