ブログ

故障車買取H26年式アウディA3 スポーツバック 誤給油で!? 横浜市

故障車買取アウディA3スポーツパックのご依頼です。

横浜市にお住いのお客様からエンジントラブルでのご相談です。
車両はすでにディーラー様に入庫済みとのことでしたが、エンジントラブルの原因は
燃料でした!?へ?ガソリンとディーゼルを間違えたとか?え?違う。
後からわかったことですが、ガソリンスタンドで給油したガソリンに水が混入していたとのことです。え?なんで?と思われる方が大半だとはおもいますが、その業界の方に聞くとちょいちょいとその様なことがあるらしいです。ガソリンスタンドの貯蔵タンクはほとんどが地下に埋められていますが、やはり老朽化でじわりじわりと水を含んでしまうことがあるようです。弊社の近所のガソリンスタンドでもこの様な事があり、タンクを修理、新調するよりも廃業を選んだガソリンスタンドがありました。
しかし、このガソリンを給油してしまったお客様は不運としか言いようがありません。
お客様によると、ほとんど空の状態から満タンに給油後すぐにノッキングのような症状があらわれ、エンジンチェックランプが点灯したらしいです。
普通には運転できる状態ではなかったようです。
その場ではガソリンが原因とは思わず、レッカーを呼びそのままディーラー様に入院となったそうです。原因はディーラー様からの指摘で判明したそうです。お客様からはガソリンスタンドとの賠償についてはお聞きしませんでしたが、それなりの対応をしていただけたようです。そしてこのような状態になってしまったお車を高値買取し、再販ルートに乗せるのが我々の仕事です!お任せください!今回はお客様の対応が早かった事もあり、燃料タンクの清掃、燃料ラインの交換、点火系の部品の交換で様子を見ようと思います。
今回のように事故でなく故障車の場合の買取も、その車両の状態から修理にかかる費用や労力をすぐに判断して買取額を提示しなければなりません。今回は最悪の場合はエンジン交換となるケースです。慎重に精査し買取額101万円を提示させていただきました!!
お客様は他の業者様にも見積もりをご依頼していたそうですが、ぶっちぎりでタイロッドの提示額が上だったそうです!お客様も即決でご契約いただき、WINWINのご契約となりました。正確には我々は買取させていただいたこの後からが本当の勝負ではあるのですが
。車両のその他の状態は非常に良い状態ですので是非とも完璧に修理したいものです!
近年、乗用車でもディーゼルエンジンが普及してきましたので燃料の給油間違えはさけたいものです。SS業界のかたのお話ですと、都心ではセルフのガソリンスタンドが増えたにもかかわらず誤給油は減少傾向で地方のほうが誤給油が増加傾向にあるようです。
セルフでは車の所有者本人が給油することが多いため誤給油がおきにくいようです。
逆に地方ですとレンタカー等普段乗りなれない車への給油で誤給油がおきやすいようです。
これは余談ですが、ホンダのバモスはエンジンオイルの注入口が燃料コックのようになっているため、エンジンにガソリンを誤給油してしまう方が続出しているそうです!
私の知人もその一人です!下の写真はエンジンオイル給油口。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこちらがガソリン給油口!
クリックすると新しいウィンドウで開きます

これは間違えてもおかしくないですよね~.知人のこと馬鹿にはできないです~。
みなさんも思い込みで車の外周についている給油口がすべて燃料とは限りませんので
ご注意ください!!
あ~しかしなんでホンダはこんなことしたんだ!?わざと?
話があちこち飛びましたが、この度はタイロッド横浜店をご利用いただきありがとうございました。

 

事故車買取専門店 タイロッド横浜店

事故車 高価買取

関連記事