ブログ

バッテリーのサイズ品番の見方って?

今さら聞けない?バッテリーのサイズ品番の見方って?

 

冬場になると突然バッテリーが上がってセルが回らない、なんてことはよく起こります。

いざという時のために、愛車のバッテリーのサイズを知っておくとよいでしょう。

よくあるご質問の 「バッテリーのサイズの見方が分からない」に今日はお答えします。

今回は一番一般的な、JIS規格採用のバッテリーの見方についてご説明します。

そもそもバッテリーってどこにあるの???

大半のお車はボンネットを開けたところにありますので開けてみましょう。中にはトランクやシート下、なんて場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッテリーにはプラスとマイナスの端子があり、逆接を防止するために、プラス側には赤いカバーなどがついています。

バッテリーは見つかった。でもサイズってどこに書いているの?

バッテリー上部に印字されたり、シールになっている「数字とアルファべット」の組み合せを見てください。それぞれの数字やアルファベットには意味があります。

例)55B24Rの場合

 

最初の55は、性能を表しています。

数字が大きいほど性能が高いことを表しています。

 

次のBは短側面のサイズを表しています。

JIS規格で幅×箱高さが区分されています。

 

次の24は長側面の長さです。

24は、箱の長さが24センチであることを表しています。

 

最後のRは端子の位置を表しています。

+端子を手前にして+端子が右にくるとR、左にくるとLを表しています

 

 

 

知ってしまえば、決して難しくはありませんよね。

大容量の電装部品を付けたりする場合は、サイズと端子位置が合っていれば、性能ランク(最初の数字ですね)をあげてみるのも良いかもしれませんね。

 

事故車 高価買取

関連記事