ブログ

車の修理歴とは?査定にどう影響する?

初めて車の買取を利用するときには、いろいろと不安ですよね。

とくに、車に修理歴があると、買取にどのような影響が出てくるのか気になるのではないでしょうか。

修理歴が査定にどう影響するかを考えるために、修復歴車とは何かを知っておきましょう。

 

修復歴車とはどんな車?

 

中古車の買取業界では事故車という言葉よりも、修復歴車という言葉の方がよく使われています。

修復歴車とは、車のフレーム部分が損傷したために修理をした車のことです。

修復歴車については、社団法人自動車公正取引委員会や財団法人日本自動車査定協会、そして日本中古自動車販売商工組合連合会で、きちんと定義が定められています。

交通事故や自然災害が原因で、車のフレーム部分が壊れ、骨格部分に関係するパーツを交換したり修理したりした車のことを、修復歴車と呼んでいるのです。

 

車のフレーム部分とはどこのこと?

 

修復歴車かどうかを分けるのは、フレーム部分が損傷したかどうかです。

フレーム部分とは、車の基本的な骨格の部分を言います。

タイヤやドアなどの外側のパーツを全て外すと、車の骨とも言える部分が見えてきます。

車の骨はフレームと呼ばれ、前部から後部まで全て繋っています。

このフレームがしっかりしているので、衝撃から乗員を守ってくれますし、急カーブになっても車がきしむとか歪(ゆが)むことがないのです。

 

このフレーム部分に関係するパーツを交換したり、修理したりしたときには修復歴車になります。

例えば、トランクフロアやピラー、またラジエーターコアサポートなどを変えたときには修復歴車になってしまいます

パーツを全く新しいものに交換して走行に悪影響がなくても、修復歴車になります。

 

どこまでが修復歴車になるのか知っておこう

 

フレーム部分に影響があるかどうかが基準になるわけですが、修復歴車に該当しない修理もあります。

どこまでが該当して、どこまでが該当しないかを詳細に確認してみましょう。

 

まず、タイヤをカバーするフェンダーの交換、ボンネットの交換をしたときには修復歴車にはなりません

大きなパーツなので、そこを交換したなら修復歴車になってしまいそうですが、フレームに影響のある部分ではないので、修復歴ありとみなされないのです。

実際フェンダーやボンネットは、車の走行に直接関係する場所ではないので、そこまで重視されていません。

「飛び石によってフロントガラスが割れて交換した」というのも修復歴にはならないので覚えておいて下さい。

 

玉突き事故に遭って、前と後ろのバンパーを交換したときにはどうなるのでしょうか。

もし損傷部分がバンパーだけで、フレーム部分が歪んでいないのであれば、修復歴車にはならないのです。

どこまでが修復歴車になるかを知っておくと、査定のときにビクビクしなくてすみますね。

 

修復歴車の調べ方は?

 

買取業者の査定士は、どんな調べ方をして車が修復歴車であるかどうかを確認するのでしょうか。

まず板金塗装の跡がないかどうかを、チェックします。

板金塗装をした部分は純正の塗装より波立ってしまうので、プロが見れば一発で見抜けます。

板金塗装をしたということは、何か事故に遭った可能性があると査定士は考えるのです。

 

その後ボンネットやトランク周りを見ていき、不自然な隙間がバンパーとの間にないかを確認していきます。

ヘッドライトの左右の輝きが違うかどうかも見ます。

片方が黄ばんでいて、もう片方がキレイだと、片側のヘッドライトを後から交換したことが分かるのです。

 

さらにフェンダーやトランクなどのボルトが外されていないかも見ます。

ボルトの塗装が剥がれていて、外されたような跡があると、その周りを修理したのではないかと疑うのです。

このような調べ方で査定士は車をチェックし、修復歴車かどうかを見抜きますから、査定のときにはどんな修復や修理をしたのか正直に伝えましょう。

 

修復歴車は査定にどう影響するのか?

 

車をただ単に修理した車は、修理歴車となります。

バンパーを交換するなど、フレームに直接関係ない部分を調整した車です。

修理歴車は、査定には大きく影響はしません

一方、フレームに関係する部分を交換・修理した車は修復歴車となり、査定に影響してきます。

 

どうして修復歴車の査定額は落ちてしまうのか

 

修復歴車は、車の強度を保つ一番大切なフレーム部分に影響が出る修理をしています。

そのため、どんなに上手に修理したとしてもフレームは歪んだままか、ほんの少しだけずれたままになってしまいます。

骨格の歪みを完璧に直すことは残念ながらできないのです

それほど車のフレームは固く作られています。

一度フレームが歪んだ車は、その後の走行にも悪影響が出るリスクがあるため、査定額が落ちてしまいます。

 

まとめ

 

車の修理歴というのは、フレームに関係する部分かどうかで査定に大きな影響が出ます。

修復歴車になってしまうと、査定額が下がるので注意しなくてはなりません。

バンパーの交換などの修理歴だけなら、査定にはそこまで響かないでしょう。

 

事故車買取専門店タイロッド大阪はこちら

事故車買取専門店タイロッド東京はこちら

 

事故車 高価買取

関連記事