ブログ

廃車の手数料はいくら?廃車前に確認を

長年乗っていた愛車を廃車にするときに、気になるのが廃車費用です。

廃車に掛かる手数料がいくらになるのかを、前もって分かっていれば予算を立てやすくなります。

どんな種類の手数料が、必要になってくるのか調査してみました。

 

廃車手数料はどれくらい?

 

愛車を廃車にするときには、どんな種類の廃車になるか気にすることはありませんが、実は3つの種類があります。

その種類によって手数料が変わります。

 

廃車の種類は「一時抹消登録」「解体届出」「永久抹消登録」の3つです。

最初の一時抹消登録というのは、車を一時的に使わないことを示す手続きです。

例えば海外赴任などのときに、数年間愛車を一時抹消登録することがあります。

 

完全に廃車にしたいときには、最初に一時抹消登録をして、その後で解体届出をします。

 

永久抹消登録というのは、大きな事故に遭って修復不能になったり、災害に遭い全く車が使えなくなったりするときに行う手続きです。

 

どんな手続きをするかによりますが、廃車をするには費用もろもろ含めて2万円程度掛かるのが一般的です。

 

普通自動車の手数料をチェック

 

普通自動車を廃車にするときの手数料を、詳しくチェックしてみましょう。

廃車手続きは陸運支局で行いますが、費用を支払うのは一時登録抹消手続きをする場合と、永久抹消登録をする場合だけです。

解体届出の場合は、費用が掛かりません

一時抹消登録をするときには、収入印紙のための350円と、印鑑証明書の発行手数料300円だけの費用です。

収入印紙は、指定された場所のものしか認められません。

永久抹消登録のための費用は、印鑑証明書の発行手数料の300円だけとなります。

 

軽自動車の廃車費用はいくら?

 

軽自動車を廃車にするときには、陸運局ではなく軽自動車協会で手続きをします

普通自動車と違って印鑑証明書を発行する必要はありません。

つまり、印鑑証明書を発行するための費用300円を支払う必要は無いのです。

 

軽自動車の場合は、一時抹消登録という種類ではなく、自動車検査証返納届と呼ばれています。

自動車検査証返納届を発行するためには手数料が掛かりますが、費用は350円です。

解体届出をするときには、手数料などは必要ありません。

 

軽自動車には永久抹消登録は無く、解体返納という種類となります。

解体返納にも手数料が掛からないので、軽自動車の廃車手数料はとても安いことが分かります。

自動車検査証返納届を発行するときの手数料は、現金払いの受付となっています。

現金で、軽自動車協会へ支払うこととなります。

 

廃車には手続き以外の費用が必要って本当?

 

廃車をするときに掛かる費用は、手続きの部分だけを見ると、たいしたことないじゃないかと思うかもしれません。

多くても、普通車を一時抹消登録するときに掛かる収入印紙350円と、印鑑証明書の発行手数料300円の、計650円だけではないかと考えることでしょう。

しかし、それ以外にも実はレッカー料金が掛かります。

廃車にする車は災害に遭ったり大きな故障をしたりして、自力で走れないことがあります。

そんなときには、廃車にする場所へ持って行くために、レッカーを依頼しなくてはなりません。

レッカー車で移動する距離や車のサイズによって費用は変わってきますが、大抵1万5千円前後掛かります。

 

リサイクル料金が掛かることを忘れずに

 

レッカー料金に加えて、廃車にするときにはリサイクル料金も掛かってきます。

このリサイクル料金は、車を購入しているときに支払っているものです。

リサイクル料金は数年前から実施されている制度ですが、万が一購入時に支払っていないことがあるかもしれません。

もしくは中古車を購入して、前のオーナーが支払っていなかったり、自分が支払い忘れていたりするケースもあります。

リサイクル料金を支払っていないと、廃車時に払わなくてはいけません

料金は大抵、1万円前後掛かってきます。

廃車をするときに手続きに掛かる費用に加えて、レッカー料金やリサイクル料金を考えると、廃車手数料は2万円ほど掛かってきてしまうのです。

 

廃車の費用を安くする方法は?

 

できるだけ廃車費用を安くしたい場合、廃車買取業者に依頼する方法があります。

実は、廃車するような車であっても買取をしてくれる業者があるのです。

車の程度にもよりますが、予想以上に高い値段を付けて買取してくれることがあります。

そんなときには廃車手数料を支払っても、手元にお金が残ることも。

 

買取業者に依頼すると、陸運支局や軽自動車協会の手続きを代わりにしてくれます。

車をレッカーで取りに来てくれますし、レッカー費用を無料にしてくれることもありますよ。

自力で走れないような車でも、パーツを取るために高値で買取ってくれることもあるので、買取業者に依頼して廃車にしてもらうのも一案です。

 

まとめ

廃車の手数料は、2万円前後掛かってきてしまいます。

陸運支局や軽自動車協会での手続きにはたいした費用は掛かりませんが、レッカー料金やリサイクル料金が高いのです。

買取業者に依頼することで、手数料を安くできる可能性があるということを覚えておいて下さい。

 

事故車買取専門店タイロッド大阪はこちら

事故車買取専門店タイロッド東京はこちら

 

事故車 高価買取

関連記事