ブログ

本当の高価買取とは?

皆さんが買取店に求めるものとは一体何ですか?

まずは高価買取ですよね?せっかく大切にしていた愛車を売るなら高いほうがいいです。
そもそも、高価買取とは何を基準としているのでしょうか?買取店が多数存在していますが、全店が高価買取を謳っています。
では、どこに安価があるのでしょうか?⇒それは昔の話です。
今は流通や情報の共有が簡単にできる時代です。簡単に全国の相場が見れてしまいます。するとその相場に合わせて各店がギリギリで買取をするという事になります。
つまり、各社精一杯頑張っているという事になります。

 

買取店が言っている高価買取はうそ!?

各店似たような金額ならそれは相場で、高価という表現は違うと思うかもしれません。ですが、中には本当に高価買取も存在します。その理由は簡単です。買取った車を販売するまでどれだけ中間の作業コストを抑えるかです。

 

販売店の仕事を見てみましょう。

買取から次のユーザーに渡るまでいろいろな工程があります。

陸送・名義変更・修理・板金・メンテナンス・保管・日々の洗車・メディア掲載・車検・土地代・人件費など・・・
車の販売店は色々なコストと手間がかかります。

販売店のコストをざっくりまとめてみました。(数字は分かりやすくする為の参考値です)

 

表のA社とC社のように作業を全て自社で行い、さらに、C社のようにエンドユーザーに直接販売する事で、コストを極限まで抑え、大きな利幅を得る事ができるのです。その利益の一部が買取額へと還元され、高価買取となるのです。

 

高価買取できる店の見分け方

まずは、ご自分の車に合った専門店があればそこに査定依頼してみるのもいいでしょう。
(※専門店の事は次で紹介しています。)
専門店以外では買取店の名前を聞いただけでは何ができる会社なのかわからないですよね。だからといって自分で調べ上げて買取店を探すのは現実的ではありません。
例えば、一括査定で複数の買取業者が一斉に査定額を出し合う方法もあります。自然と各社が競いあって限界価格を提示してきます。
ただ、一括査定は何社もいっぺんに対応しなくてはならないので注意してください。自宅前にスーツ姿の人が群がりザワザワします。特に夜だと近所から苦情が来る事もあるので注意が必要です。

 

得意分野の買取店を探す

車の特徴によって得意な買取店が違います。
例えば、軽自動車専門店に高級車を持ち込んでもジャンルが違いますよね。
トラックはバントラ専門店、スポーツカー専門店、クラッシックカー専門店、など専門店はその道のプロなのでそれだけに特化しているのです。買取に関しても興味があり、高値買取につながります。
事故車に関しても同様に専門の買取店が存在します。

 

事故車でも高価買取が可能なの?

事故車は修理代がかかるし、業者も嫌がると思っていませんか?
業者によりますが、私たちはどこも悪くない車両よりダメージがある車両の方を好みます。
それは、他店が自力で修理できないものを、私たちは自力で修理を行う事で利益率が良くなるからです。

もう一度表を見てください。全体的に修理代に結構な金額がかかってますね。実はこの表は事故車をサンプルにした表なのです。
C社の利益率がダントツですよね。これは、自社で輸送、修理を行い、販売価格は相場よりも安いものの、無店舗型の為販売管理が抑えられています。その為十分な利益につながっている訳ですね。

 

どうして専門店が有利なのか

一般的な中古車の流通は下記のようになっています。
ユーザー → 業者 → 業者オークション → 業者 → 新ユーザー

専門店に売った場合下記のようになります。
ユーザー → 業者 → 新ユーザー

事故車の流通は下記のようになっています。
ユーザー → 業者 → 業者オークション → 修理業者 → 業者オークション → 業者 → 新ユーザー

専門店に売った場合下記のようになります。
ユーザー → 業者 → 新ユーザー

つまり、業者オークションを通さないという事。その分コストもかからず、利益も多いですから、買取額も期待できるわけです。

 

まとめ

専門店や、修理や板金など何でもできて、無店舗型の業者はコストが最小限に抑えられ、本当の高価買取ができる!
会社名だけでは何ができる業者なのか見分けが難しいので、もし分からなければ一括査定で争わせてみるのも手だと思います。
実は、タイロッドは何でもできる無店舗型の事故車専門店C社だったのです。このサイトを見たのも何かのご縁。ぜひ他社と比較してみてください。

事故車 高価買取

関連記事