ブログ

車を廃車にするにはどうしたらいい?メリットや費用も解説します!

廃車とは

廃車とは、現在所有している自動車の車籍を抹消し、車を「使えない状態」にすることを指します。

抹消するためには、運輸支局で手続きが必要です。

 

廃車には、「一時抹消登録」と「永久抹消登録」の2種類の処理方法があります。

 

「一時抹消登録とは」

一時抹消登録は、一定期間だけ自動車の登録を抹消する方法です。

手続きをすれば再び公道を走ることができるので有効な廃車方法です。

 

 

「永久抹消登録とは」

永久抹消登録は、事故や故障などの理由で、その自動車に二度と乗らない場合に行う廃車方法です。車籍の抹消だけでなく自動車の解体まで行うので、自動車を完全に抹消することになります。

 

 

廃車にするメリット

【税金などの維持費がかからなくなる】

廃車にすることで、税金などの維持費がかからなくなります。

(自動車税・自動車重量税・自賠責保険など)

 

【還付金を受け取れる】

自動車税、重量税、自賠責保険は前払いしています。

廃車手続きを行うと、残存期間分の税金を還付してもらうことができるのです。

※重量税還付は永久抹消登録時に限る

 

還付金額は月割りで算出されますので、不要な車を処分するのであれば、早めに手続きを完了することをおすすめします。

 

 

廃車にするデメリット

【費用がかかる】

様々なケースがありますが、不動車などをご自身で廃車にする場合、解体するための費用に加えて、

解体業者へ持ち込むためのレッカー代などもかかってしまう場合もあります。

 

【手間がかかる】

ご自身で廃車手続きを行うには、様々な書類を準備して、平日に運輸局に直接出向く必要があります。

廃車の手続きには手間と時間がかかってしまいます。

 

ご自身で車を廃車する場合の必要なものと手続き方法

 

「一時抹消登録」に必要な物は、以下の通りです。

・ナンバープレート

・車検証

・手数料納付書

・OCR申請書(第一号様式)(第三号様式の2)

・自動車税申告書

・自動車の所有者の印鑑証明(3ヶ月以内のもの)

・自動車の所有者の委任状・譲渡証(代理で手続きを行う場合)

※手数料納付書・OCR申請書・自動車税申告書は、当日に運輸支局窓口で入手できます。

 

★業者へ依頼した場合…ご自身で用意するものは車検証・印鑑証明書・委任状・譲渡証への

押印のみとなります

 

「一時抹消登録」の手順

1.取り外したナンバープレート2枚を提出

2.書類一式を窓口へ提出

3.窓口より登録識別情報等通知書の受け取り

4.自動車税の還付手続き

 

※運輸支局に到着したら、先に印紙販売窓口で登録手数料分の印紙を購入しておきます。

※税金の還付手続きは、税申告窓口での手続きになります。窓口で自動車税申告書を提出してください。

※軽自動車の手続きは、運輸支局ではなく軽自動車協会で行います。場所を間違えないよう

注意してください。

 

  • 一時抹消登録にかかる費用は?

一時抹消登録時に運輸支局内で購入する収入印紙代は普通車で350円です。

 

「永久抹消登録」に必要な物は、以下の通りです。

・ナンバープレート

・車検証

・手数料納付書

・OCR申請書(第一号様式)(第三号様式の3)

・自動車税申告書

・自動車の所有者の印鑑証明(3ヶ月以内のもの)

・解体報告記録日と移動報告番号

・自動車の所有者の委任状・譲渡証(代理で手続きを行う場合)

 

 

永久抹消登録では、手続きの前に自動車の解体が必要です。解体業者で自動車の解体をする際には、ナンバープレートの外し忘れに注意してください。

解体が終わると、業者から解体広告記録日と移動報告番号の連絡をもらえます。どちらも手続きの際に必要になるので、大切に保管してください。

 

「永久抹消登録」の手順

1 自動車の解体

2 取り外したナンバープレート2枚を提出

3 書類一式を窓口へ提出

4 窓口より永久抹消登録/解体届出手続き完了のお知らせの受け取り

5 自動車税の還付手続き

 

 

※軽自動車の永久抹消登録も一時抹消登録と同様、最寄りの軽自動車協会で行います。

 

 

  • 永久抹消登録にかかる費用は?

永久抹消登録時に運輸支局内で購入する収入印紙代は普通車で0円です。

 

但し、永久抹消登録の場合は車の状態によっては以下のような費用が事前に発生する可能性がございます。

・車体解体費用(0~20,000円前後)

・運搬費用(自走できない場合、約15,000円~)

 

廃車手続きは業者に依頼することもできる

乗っていない自動車を廃車するメリットは分かったけれど、できれば廃車手続きを代行して欲しいという場合がほとんどです。なぜなら、運輸支局は平日の日中しか開局していないため、会社員は廃車手続きするために仕事を休まなければ手続きに行けないのです。

 

そこで、平日に廃車手続きができない方のために、廃車手続きを代行してくれる業者について解説します。

 

■ディーラーや自動車販売店

ディーラーや自動車販売店の場合、下取り車は勿論ですが、そうでない車でも廃車手続きを行なってくれるとこともあります。ただし、引き取り費用や抹消費用が割高になる可能性がありますので、事前に金額を確認した上で依頼されるかどうかの判断をされることをお勧めします。

 

 

■廃車買取業者

廃車買取業者は、廃車の買取を専門にしている業者のことです。ディーラーや車両販売店で値が付かなかった自動車も、廃車買取業者では買取してくれることが多いので、利用者にとって大きなメリットがあります。

 

【廃車買取業者はパーツや鉄を必要としている】

廃車買取業者は、車のパーツ、または自動車そのものに使われている鉄・アルミ等の資源を目的に廃車を買取りします。これがディーラーや自動車販売店との大きな違いです。

 

【海外へ販売する】

日本車は現在も海外で大人気です。なぜなら日本車は故障が少なくて信頼されているのです。

国内需要が低い年式の古い車も、海外では大きな需要が見込まれます。特に東南アジアやアフリカの発展途上国にはニーズが高いです。

ただし、国々の事情によって、一部の中古車に対して高い関税をかけて、中古車の輸入を厳しく規制していたりもします。よって、どんな中古車でも海外に輸出できる訳でありません。

中古車・中古部品の関税事情は、その国の政治的な理由で急に変わることもあるので、常に国々の情報を把握しながら、高価買取を実現しております。

このあたりもディーラーや自動車販売店との違いと言えます。

 

 

まとめ

今回は、不要な車を廃車にするメリットや手続きなどについてご紹介しました。

乗っていない不要な車を放置していると、車の価値がどんどん下がってしまうだけでなく、受け取れる還付金額が減ってしまいますので、できるだけ早く廃車手続きを進めることをおすすめします。

また、年式が古かったり、走行距離が長い車でも価値が残っているお車もありますので、ご自身で廃車する前に一度、買取専門店に買取査定を申し込むのもひとつの方法とも言えます。

 

 

◆事故車買取をお考えの方へ

・業界最速!20秒の入力で売却額が分かります。

・プロの専門職人が即座に無料で見積りをいたします。

・高価買取の事例多数!

・全国対応いたします。

 

事故車買取の専門店のタイロッドはこちら

事故車 高価買取

関連記事

  • 車の売却時に必要な書類は?印鑑証明書は何枚必要?車の売却時に必要な書類は?印鑑証明書は何枚必要? 車を買取り業者に売却する時に必要書類がいくつかあります。ご自身で用意するべき印鑑証明書などの書類と買取り業者が用意する委任状・譲渡証明書などの書類などがあります。売買契約時に不備がないようにお早...
  • 今さら聞けない?自動車保険の補償について今さら聞けない?自動車保険の補償について 任意保険の内容についてよくわかっていない方も多数いらっしゃいます。? まずは、保険の種類ごとに説明していきます。   車両保険ってきちんと理解していますか?? 任意保険...
  • 中古車を高価買取りしてくれる業者の見分け方!中古車を高価買取りしてくれる業者の見分け方! せっかく大切にしていた愛車を売るなら、1円でも高く売りたいですよね。今回は中古車の高価買取りができる業者の見分け方や、なぜ高価買取りが可能なのか、中古車買取リ店の仕組みについて紹介していきます。...
  • 必見!事故車を高価売却するための写真撮影術 事故車・廃車買取店によって査定方法は異なるかと思いますが、タイロッドでは「写真査定」を行っております。 距離が遠く実際に見に行けない、近場であっても査定士が訪問していたら時間と人件費がかさむの...
4701