ブログ

過走行車って何?購入時の注意点と買取に出すときのポイントを紹介

車を購入するときの選択肢として新車か中古車がありますが、予算の観点から中古車を視野に入れる方も多いです。
中古車購入を検討する際には、走行距離のチェックは欠かせませんよね。

今回は中古車の中でも長い距離を走っている「過走行車」に焦点を当てて、過走行車のメリット・デメリット、購入する際の注意点などを紹介しています。
併せて、過走行車を高く売るためのポイントも解説していますので、参考にしてください。

過走行車とは

過走行車とは、その字の通りに長い距離を走った車のことで、中古車業界では10万キロがその目安とされています。

ただし、過走行車の定義はそれだけではなく、1年間で1万キロを超える距離を走った車もそう呼ばれることがあります。
一般的に、車の走行距離は1年で1万キロ程度とされています。
購入して3年経った場合は3万キロ、5年なら5万キロが車の平均的な走行距離で、それを大幅に超えた車も過走行車と呼ばれることがあります。

過走行車のメリット

中古車業界では、走行距離が長い車ほど価値が下がります。
そのため過走行車購入のメリットは、同じ年式の車でも安く購入できるという点です。
走行距離が10万キロを超えていれば、エンジンや車体や部品などすべてがかなりの劣化を起こしています。

しかし、3年や5年など年式が新しくて走行距離が多い過走行車だと、まだまだ劣化の程度も酷くなく、問題なく走行できる車を相場よりも安く手に入れられることになります。

過走行車のデメリット

過走行車は安く購入できますが、リセールする場合は価値がほとんどなくなってしまう可能性が高くなるのがデメリットです。
したがって、年式の古い車ほど売却価格には期待しない方が賢明です。

もちろん、過走行車の最大のデメリットは、経年劣化による傷や汚れが多い点や、エンジンのダメージが多いことです。
見た目がキレイでもエンジンの状態が悪いケースも多いため、購入の際には見た目に騙されないようにしましょう。

過走行車を購入するときの注意点

過走行車を購入する場合、見た目に騙されないことがポイントですが、その他にもいろいろな点に注意が必要です。

整備記録簿をある車を選ぼう

整備記録簿には、これまでどのように整備されてきたかが詳細に記載されているため、過走行車でも状態が把握しやすいです。
整備記録簿がなければメンテナンス記録を把握できないため、購入リスクは高くなります。

メンテナンス状態を確認しよう

整備記録簿がなくても、メンテナンス状態をしっかり確認できれば、購入リスクを下げられます。
自身で判断できない場合は、多少費用がかかっても専門家にお願いするか、車に詳しい知り合いなどに確認してもらいましょう。

過走行車だとしても、こまめにオイル交換などをして、故障した部品の交換をきちんと行っていれば、購入後も安全に運転できる可能性が高くなります。

サビの状態を確認しよう

年式の古い過走行車であれば多少のサビがあっても仕方ないですが、サビの状態が酷ければ最悪穴が空いて修理を余儀なくされ、多額の修理費用がかかってしまいます。
目に見える部分だけでなく、車体の下の部分や、サスペンションの取付部なども丁寧に確認しましょう。

放置期間が短い車を選択しよう

長い間運転をしないで放置されていた車は、エンジンオイルが固まって動きが悪くなっている可能性が高く、特に過走行車だと購入リスクが高くなってしまいます。

過走行車を購入する際には、最近まで運転されていたか確認することもポイントです。

過走行車の高額買取を実現するポイント

走行距離が多く走行不能な車だとしても、パーツ取りに活用できることから、過走行車は下取りよりも買取に出すことをおすすめします。
ここでは、過走行車を高く買取してもらうためのポイントを紹介します。

海外に販路をもっている業者を選ぼう

走行距離が10万キロ以下や少し超えた程度であれば、日本国内でもまだ利用価値がありますが、15万〜20万キロになると需要はほぼなくなります。

その点、高性能な日本車は海外では人気が高く、走行距離が多くても十分な需要が望めます。
そのような業者を見つけることができなくても、全国にチェーン店をもっているような中古車買取店であれば、大抵は海外にも販路をもっています。

廃車業者も狙い目

走行不能な車やあまりにも走行距離が多くて、パーツ取りでも満足いく査定が出なかった場合は、廃車業者を利用するのもおすすめです。
車は鉄でできているため、部品以外にも金属としての価値があります。
中には希少価値がある金属が使用されている車もあります。
無料での引き取りを提案されたり、解体費用を請求されたりしたときなどは、廃車業者に問い合わせてみましょう。

たくさん相見積りを取ることがポイント

過走行車に限らず、車を高額買取してもらうためにはできるだけ多くの業者から相見積りを取りましょう。
査定金額は買取業者によってまったく異なりますし、今ではネットから一括見積りを取ることも可能です。

まとめ

過走行車とは一般的には走行距離が10万キロを超えている車を指しますが、1年に1万キロを大幅に超えて走行している車をそう呼ぶこともあります。

過走行車の最大のメリットは安く購入できることですが、距離を多く走っている分、エンジンをはじめ車体も部品の劣化が進んでいる可能性が高いなどのデメリットもあります。

過走行車を購入する場合は、メンテナンスやサビの状態をしっかり確認することで、購入リスクを下げることができます。
過走行車を高く買取してもらうためには、海外に販路をもっている業者を中心に、できるだけたくさんの相見積りをとることがポイントとなります。

事故車 高価買取

関連記事