ブログ

中古車売却の注意点を解説!実際にあったトラブル事例も紹介します

車を売却する際、買取業者との間でトラブルになってしまうケースも多々あります。今回は、車を売却するための注意点やトラブル事例を紹介します。
車を売却車の売却の契約は極めて重大なものです。ポイントを抑え、安易な気持ちで契約書に実印を押すことのないように注意しましょう。

車の売却トラブルが国民生活センターに寄せられているという現実

愛車を手放して中古車買取店で売却する人が増えています。
その一方で、国民生活センターでは自動車の売却に関する相談件数が、年々増えているようです。

国民生活センターによると、車の売却に関する相談が年間7000件以上あるそうです。
車の売却とは、主に中古車買取りサービスのことを指しています。
自動車メーカーなど正規の販売店やディーラーでの下取りは、これらの件数には含まれていません。

 

実際に発生した中古車の売却トラブル事例

中古車の売却に関するトラブル事例は色々あります。
その中の一例を紹介します。

  • 車売却のキャンセルができなかった。
  • キャンセルした場合の解約料が高額。妥当なのか不透明な部分が多い。
  • 車の売却の前には売却後にクーリングオフができると説明を受けていたが、実際にはできなかった。
  • まだ契約を迷っていたので契約書にサインをしていない状態だったが、中古車買取店が車を持って行ってしまった。
  • 車を売却する金額よりも解約料の方が高くついた。
  • 最初の査定時は高額査定だったのに、その後、事故車と判断され買取額が半額にまで減ってしまった。
  • 車の査定サービスを申し込みしたら、複数の中古車買取店から勧誘のメールや、電話が頻繁に来るようになった。
  • 車の売却に関する契約書に、記載された解約料以上の高い金額を請求されてしまった。
  • 車と譲渡書類を渡したのに、約束の日時に買取金が振り込まれない。

など、この他にも様々なトラブルが発生しているようです。

 

車を売却するときの注意点とトラブルの具体例

譲渡書類の準備

車を売却する際には必ず必要となるのが譲渡書類です。譲渡に必要な車類は揃っているかを事前にチェックしておきましょう。
万が一必要書類を紛失している際は再発行が必要になり、数日間時間を要す場合もあるので注意が必要です。
また、譲渡書類には実印を押印するケースがほとんどです。ですが譲渡書類以外に押印を求められた際には必ず説明を求めましょう。

契約後のキャンセルは極力避ける

買取店と売買契約書を交わした後での一方的なキャンセルは、トラブルの元となりますので避けましょう。
場合によっては多額のキャンセル金が発生する場合もあるようです。
契約内容に不満や不安がある場合は買取店に明確な説明を求め、トラブルに発展しないよう努めましょう。

契約後のキャンセル事例
  • 他店の方が買取額が良かったや、
  • ご家族に無断で契約してしまい後日ご家族からキャンセルの申し込みがあった

車を売却引き渡し後のトラブル

車の引き渡し後のトラブルも非常に多いです。特に大型フランチャイズ買取店での事例が多いように見られます。
「実際より価値の低い車両であった。」「再度査定したら修復歴が見つかった。」といった理由で、契約し車を引き渡した後に、買取価格を減額されるケースなどがあります。
いずれの場合も買取店が実際に車両をみて、査定して契約しているのですから言われるがまま減額に応じる必要はありません。
また買取店によっては一方的に契約を解除してきて、車と書類を返すので返金を求められるケースもあります。
売却後の減額や契約解除の件については買取店としっかりと話し合い、書面でやり取りしておきましょう。

必ず複数の買取店に査定してもらう

初めて車を売却する際にありがちな失敗事例のひとつとして、相場よりもかなり安く買取られてしまうケースがあります。
買取店はなるべく安く買取りたいのが本音ですから、状況により買取額を小出しにしてくるケースもよくあります。
特にお若い方、お年寄りの方、女性の方にはこのようなケースが多く見受けられます。

必要以上に安く買いたたけれないように、面倒ですが必ず複数の買取店に査定をしてもらうことをお勧めします。
またご自身のお車と同じような条件のお車が市場ではどのくらいで取引されているのかをインターネットで下調べしておくだけでも、このようなトラブルは避けられるのではないかと思います。

 

売買契約の際の注意点を抑えてトラブルを避けよう

先ほども書きましたが譲渡書類の準備と確認は重要です。譲渡に必要な車類は揃っているかを事前にチェックしておきましょう。
また契約書にサインをする前に、必ず契約書の内容を熟読してしっかりと理解しておく必要があります。

中古車買取りでは、クーリングオフに関する相談も件数が増えているようです。
しかし基本的には、車の売買においてはクーリングオフの適用対象外となっています。

もし中古車買取店から「万が一、売却してからキャンセルしてもクーリングオフの適用対象となります。」といったような説明を受けた場合は、明らかに間違っているので、悪質な業者である可能性が極めて高くなります。
売買契約が成立した後になって、キャンセルや解約を申し出ても、ほとんどの店舗では受け付けしてもらえませんか、それ相応のキャンセル金を請求されてしまう場合があります。

 

売却する車の買取り相場価格を調べておく

車を売却する際に初心者が最も失敗しやすい点は「安く買い叩かれる」ことです。
買取業者は、仕入れた車を売ることで利益を得ます。
そのため買取店は可能な限り安く買取りできるように、お客様が持っている情報を探りながら買取価格を決めていきます。
車の相場ではなく、実はお客様の持っている情報を探っているのです。

特にご自身の車がどの程度の価値があるのか把握しておらず、さらに複数の買取業者に査定を依頼していないという場合は要注意です。
この場合、買取店は売り主が買取金額に対する情報を持っていないと判断し、買取店からは非常に安い買取価格が提示されるケースが多々あります。

しかし一般の方が中古車買取相場を知らないのは通常の事ですし、相場を調べると言ってもなかな簡単なことではありません。
すべての買取店がこの様な査定方法しているわけではないので、必ず複数の買取店に査定を依頼することをお勧めします。

 

買取業者は慎重に選ぶ

いくつかのトラブル事例や注意点を紹介しましたが、もちろん中古車買取専門店がすべて悪質な業者だというわけではなく、良心的に対応しもらえる業者の方が圧倒的に多いです。悪質な業者はごく一部にしか過ぎません。
しかし良心的な業者であっても、査定額と買取価格、車の売却の流れや手続きなどについて、車の査定士や営業社員からきちんと説明を受けておかないと、後になって勘違いやトラブルに発展する可能性があります。
なにか不明な点があれば、契約前に社員に尋ねて明確にしておくことです。

中古車の買取り・販売の実績が高い店舗でもこのようなトラブルは少なくなく、中小規模の買取店との差はあまりないようです。
どちらかというと、大型店舗の査定員の方が厳しいノルマを達成する為に過剰な営業や強引な買取りによるトラブルが発生しやすいとの意見もあります。車を売却する際はどの買取店を利用するか、慎重に判断しなければなりません。

良い業者と悪質な業者をしっかりと見極めて、自分で納得のできる条件で愛車を買取ってもらえるように気を付けましょう。

 

契約後のキャンセルはしない、トラブルの元

売買契約が結ばれると、一般的にはそれ以降キャンセルをすることはできません。
特に車と書類を引き渡した後は、買取業者はすでに次の動きを始めているからです。多くの場合、買取店は買取りした車を業者オークションに出品します。
その為すでにオークションへの出品手続きが完了していたり、成約済みだったりする為にキャンセルを受け付けることができません。
またすでに、転売先と契約を結んでしまっているなど買取店と売主との関係だけでは済まない場合が多い事がキャンセルできない理由です。

車を買取業者に売却する場合には、必ず契約書交わします。
売却のキャンセルについての要件が記載されていますので、キャンセルを行う際には必ず確認するようにしましょう。

キャンセルをする場合、売主は契約で定められたキャンセル料を支払わなければなりません。
キャンセルを申し出た時点で、どの程度販売に向けた手続きが進んでいたかによってキャンセル料は変化しますのでキャンセルを申し出る場合は事前にキャンセル料金も確認しましょう。
なおキャンセル費用は損害額を大幅に超えた請求ができないように法律で定められています。
すでにオークションに出品されていた、次の買い手が決まっていた場合などでない限り、キャンセル料はそれほどかからないでしょう。
万が一キャンセル料の請求が高すぎる場合には、詳細な内訳を確認し、その請求が正当であるかの証明を求めましょう。

 

まとめ

まずは売却時に必要な譲渡書類を準備、確認をしましょう。
そしてご自身のお車の状態や市場相場などできる限り情報を集め、必ず複数の買取店に査定を依頼しましょう。

売買契約書を交わす際は、後日の減額や、買取店からの一方的な契約解除など含め、売り主からのキャンセルについても詳しく説明を聞いておきましょう。
また車の売却の際にはクーリングオフ制度は適用されません。契約後のキャンセルにならないように、ご家族での話し合いやなど手続きは慎重に進めす必要があります。特に年度末や、年度初めには自動車税の取り扱いについて詳しく説明してもらい、後の勘違いや、誤解をしないようにしましょう。

以上、中古車の売却時での良くあるトラブルやそれを避けるための注意点となります。
皆様の大事なマイカーを売却する際にはお役立ちできればと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

→中古車・事故車の売却はタイロッドにお任せください

 

事故車 高価買取

関連記事