ブログ

パスワードロックやセキュリティロックでカーナビが起動しない場合の対処法

パスワードを忘れてしまうとセキュリティロックがかかり、起動しなくなってしまうナビが増えてきました。車を売却したい際に、ナビのパスワードが分からないと後々困ってしまうこともあります。 今回の記事ではどんな時にナビのパスワード入力が必要なのか、セキュリティロックがかかった場合どう解除すればいいのかを説明していきます。

 

ナビのパスワード入力が必要なシチュエーションは?

①ナビ本体を車両から外したとき。

ナビ本体を中古購入して取り付けた場合、購入時にパスワードの資料がない場合はロックの解除ができず、困ってしまいます。
購入時に店頭で動作確認してくれる店舗なら安心ですが、そうでない場合は注意が必要です。

②車のバッテリー交換などで、バッテリーを外したとき。

車本のバッテリーを外すとナビの電源も絶たれてしまいます。
バッテリーを取り外しても車両に電源供給されている状態にするためにはバッテリーのバックアップが必要となります。

 

トヨタの純正ナビのパスワード入力画面

トヨタ純正ナビは初期設定で任意のパスワードを設定します。
パスワードの入力が必要な際は、「ヒント」が出るのでパスワード忘れを防ぐことができるかもしれませんね。

もし入力を間違えたとしても、トヨタの純正ナビの場合は何度でも再入力出来るので、パスワードを思い出せないときには落ち着いて、ゆっくりトライしてみてください。

写真の入力画面ではヒントが「誕生日」。

自分の誕生日であれば分かりやすいと思います。
ただ設定で年月日なのか月日なのか、
数字だけの入力なのか「〇月〇日」との入力なのか…
自分の誕生日でなかったり、入力の仕方を忘れてしまうと途方に暮れてしまいます。。

*ナビ本体によっては入力方法など違ってきます

 

トヨタ純正ナビは裏メニューからERCコードの入力で解除できるモデルもあります。
トヨタ純正ナビのパスワードロック解除についてはこちらの記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

 

ホンダの純正ナビの場合

またホンダ純正ナビ(Gathers)の場合は、セキュリティーカードに5桁のセキュリティコードが記載されています

写真の入力画面では「2回失敗」と表示されています
自分で決めたパスワードと違って、セキュリティカードを
万が一失くしてしまったら思い出せるものではありませんね

*ナビ本体によっては入力方法など違ってきます

 

その他のナビでパスワードロックを解決するには?

販売店、ディーラーに問い合わせするとほとんどの場合は解決します。
販売店、ディーラーへ持ち込みでパスワード解除を依頼した場合で、¥2000~¥3000程度の費用、作業時間は30分程度で終わるそうです。

純正ナビではなく後付けの社外ナビの場合は、メーカーによって対応は異なりますが、どのメーカーでも電話やメールなどの問い合わせでパスワードを教えてくれることはありません。
ナビ本体をメーカーへ送るなどの手続きをし、各メーカーでパスワードの解除をしてもらいます。

 

ナビを中古で購入する際は気を付けて!

ナビの中古品購入の場合は注意が必要です。万が一盗難品のナビを購入してしまった場合は通報され、ナビの本体は警察に没収となってしまうのでパスワードの解除どころの話ではなくなってしまいます。
詳細の分からないフリマサイトうや、ネット販売などで購入すると思わぬトラブルにもなりかねませんので、中古でナビを購入する際は気を付けましょう。

まとめ

ミイラ取りがミイラになってしまわないために

そもそもパスワード・セキュリティコードは盗難防止のために設定されている機能なので、パスワードを設定したご本人である所有者が引っかかってしまうのは寂しいものです。
単純な対策ですが車のナビのパスワード・セキュリティコードはどこかに控えるなど対策をして忘れないようにしておくのが一番です。
また中古車の買取り時や、売却する際、ナビ本体を売買する際にはナビのパスワード・セキュリティコードを購入者や買取り業者にしっかり伝えること、確認して販売者に教えてもらうことも大切です。

事故車買取タイロッド横浜

事故車 高価買取

関連記事