ブログ

クルマが冠水してしまった!初期対応に知っておきたいこと

昨年は全国で台風、ゲリラ豪雨、大雨による冠水の被害が多数ありました。

地球温暖化に伴い、このような被害は今後も増えていくと予想されています。

もし車が冠水しそうな状況に陥ったら、最も注意すべきことは何か?万が一冠水してしまった場合の対応や被害後の車のケアは、どうするのが正解なのか。少しでも愛車を守るための知識を紹介します

 

どこまでセーフ?

一般的には、約20センチといわれています(車体の高さによって異なります)

まずは、車内に水が浸入するかの瀬戸際が20センチ程度です。

その際注意するのは、マフラーが水に浸かってしまう状況です。(空気が入ってこなくなるとエンジンは停止してしまいます)

低回転(1000~1500回転)でエンジンがかかっていると排気によって水の侵入を防ぐことが出来ます。

車内に水が浸入していないこの状況は冠水にはならない、ギリギリセーフ、の状態です。

 

運悪く冠水してしまった。気を付ける事

水位が高く、車内に浸水したりエンジンルームが浸ってしまうと、冠水、となります。

まずは一番重要な事は、エンジンルームが浸かってしまったときに絶対に自分でエンジンをかけないことです。

本来エンジンルーム内に空気を吸い込むためのエアクリーナーを通してエンジン内に水が入ってしまうと、ウォーターハンマー現象と言って、エンジンが完全にダメになってしまいます。気になってエンジンをかけたくなるのが心情ですが、専門家に任せて下さい。

弊社に冠水した車両の買取の問い合わせをいただいた時、他の買取店からエンジンがかかるか確認して欲しい、と言われた、などと相談されます。エンジンへのリスク、そして何より漏電していて、感電してしまうなどの危険もあります。くれぐれもご注意下さい。

 

室内へ浸水した場合は、少しでも早い対応により被害を最小限にとどめることが出来ます。

部品や電気系統のサビは非常に速いスピードで発生し広がっていきます。

シートやフロアマットなどの雑菌の繁殖に関しても同様です。いくら綺麗にしても匂いが取れない、というのは雑菌が繁殖しているからです。少しでも早くクリーニング、熱処理による消毒が必要です。

つまり冠水したクルマをまた使用できるか、修理代金に大証は被害後のドライバーの判断スピードにもかかっているということになります。

 

昨今多くなったハイブリッド車や電気自動車の注意点

ハイブリット車両や電気自動車は、従来のクルマに比べると、格段に高電圧のバッテリーや蓄電池を搭載しています。電気は海水の場合は通電してしまいますので、漏電した後海水を伝って電気が流れて、最悪自然発火してしまう、という事があります。

昨年関西を襲った台風21号による高潮被害の際、大雨の最中、オークション会場にとまっている車両が水浸しになった挙句、自然発火して100台を超えるクルマが焼けてしまった、というニュースがありました。

もちろん、ハイブリッド車や電気自動車が悪い、というわけではありません。

メーカーさんには自然災害が起こってしまう事が前提でさらに密閉度が高く漏電をし難い車両の設計を考えて頂ければ、と願います。

 

いかがでしたか?知っているかどうかで大きな差を生む冠水時の初期対応についてまとめてみました。

事故車買取タイロッド大阪店

 

 

事故車 高価買取

関連記事