ブログ

車がまっすぐ走らない!原因は?修理は必要?

「そろそろ車の買取サービスを利用しよう」と思っていた矢先に、車のトラブルが発覚すると、困ってしまいますよね。

今回は「買取査定前に車がまっすぐ走らないことに気がついたら、修理すべきかどうか」について考えてみましょう。

 

車がまっすぐに走らない原因はタイヤにあるの?

 

平らでまっすぐな道を走っているのに、ハンドルが左右に取られたり、自然と車が片側に流れていったりすることがあるかもしれません。

車がまっすぐ走らない状態を放っておくと、大きな事故を起こす要因にもなるので早めに対処しましょう。

 

まっすぐ走らない原因のほとんどは、足回りの問題です

最初に考えるべきは、タイヤの空気圧です。

タイヤの空気圧が四つとも均等でないと、まっすぐ走らないことがあります。

セルフサービスのガソリンスタンドだと、自分で空気圧をチェックするのを怠ってしまいがちです。

タイヤの空気は自然と抜けてしまうため、定期的に確認する必要があります。

空気が抜けたタイヤは抵抗が大きくなり、そのタイヤにハンドルが取られてしまうのです。

 

タイヤの偏摩耗もチェックすべき

 

タイヤの空気圧だけではなくて、偏摩耗もまっすぐ走らない原因となります。

偏摩耗は、タイヤが均一に摩耗していない状態です。

普通はタイヤの内側も外側も、同じようにすり減っていきます。

しかし、タイヤのバランスが狂っていると、時間と共にタイヤの内側だけとか外側だけが摩耗してきます。

するとタイヤの内側と外側が平らでなくなり、ハンドルが取られるようになってしまうのです。

偏摩耗は定期的にタイヤの溝を確認しないと気がつかないので、時々見るようにして下さい

走行距離の多い車ほど、偏摩耗が起きやすくなります。

 

まっすぐ走らないのはブレーキのせい?

 

まっすぐに走らない他の原因として、ブレーキの問題が考えられます。

ブレーキが左右均等に掛かっていない状態になると、車はまっすぐ走りません。

通常はブレーキのききが両方とも同じなので、ブレーキを掛けるとまっすぐに走りながら徐々にスピードが落ちてきます。

しかし左右のバランスが悪いと、ブレーキを掛けたときにブレーキがきいているほうにハンドルが取られて、まっすぐ止まることができません。

ブレーキをするときには、前のタイヤのブレーキが大きな役割を果たしますから、前輪ブレーキを確認するようにして下さい。

 

ブレーキオイルに問題が無いかもチェック

 

車のブレーキは、油圧でコントロールされています。

ブレーキを制御するオイルが高熱になって空気が入ると、ブレーキを掛けたときに気泡が生じます。

オイルの中に気泡が入った状態になると、ブレーキペダルをしっかり踏んでも気泡が邪魔して、ブレーキがしっかりときききません。

気泡がスポンジのように、ブレーキペダルとディスクブレーキの間にはさまって、力を奪ってしまうのです。

この場合には、オイルの中の気泡を除去すれば解決します。

 

キャリパーが正常か確認する

 

ブレーキで問題が出やすいのが、キャリパーです。

キャリパーは、前輪のディスクブレーキをはさむパットを動かすために必要なパーツです。

このパーツは劣化してきますし、ホコリなどの汚れで壊れやすくなっています。

汚れが溜まってキャリパーがきちんと動かないと、ブレーキがいつも掛かった状態になってしまいます。

片側のキャリパーに異常が出てしまうなら、そこのタイヤだけが回転が落ちて、逆側にハンドルが取られてしまうことがあるのです。

 

査定前に修理に出すべき?

 

まっすぐ走らない状態のときに、車を査定前に修理に出すべきでしょうか。

「問題点が少なければ少ないほどプラス査定になるから、修理に出すべきだ」と考えるかもしれません。

 

結論から言うと、ケースバイケースです。

問題となっている箇所が、修理費用が安いところであれば、直しておくと良いでしょう。

修理費用がたくさん掛かるような場合は、修理をせずに買取業者に査定をしてもらって下さい。

なぜなら、修理費用を掛けたからと言って、それだけプラス査定になるとは限らないからです。

修理のために10万円掛けたからと言って、査定時に10万円分プラスされるわけではありません。

 

買取業者は自前の修理工場を持っていますから、ほとんどコストを掛けずに問題箇所を直すことができます。

つまりこちらが思うほど、問題箇所はマイナス査定にならないかもしれないということです。

ただ空気圧の問題とかアライメントの問題であれば、お金を掛けずに対処できるので、修理しておくことをおすすめします。

修理をしないで査定をするときには、査定士の人に問題箇所を正直に伝えるようにして下さい。

 

まとめ

 

車がまっすぐに走らない原因は、タイヤかブレーキに問題があります。

タイヤやブレーキをチェックすることで大抵は解決しますから、ここに取り上げたチェックポイントを確認して下さいね。

 

事故車買取専門店タイロッド大阪はこちら

事故車買取専門店タイロッド東京はこちら

 

事故車 高価買取

関連記事