ブログ

車のエアコンがぬるい・冷えない時の原因と応急処置

事故車買取のタイロッドで、買取担当をしている櫻井です。

 

夏になればエアコンが効かない!という修理のご依頼が増えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くのお客さんが、ガソリンスタンドやカーショップでクーラーガスを入れたのだけど冷えない、とご相談にいらっしゃいます。

 

もちろん、ガス抜けが最も起こりがちな症状で、充てんすることで冷えが回復することも多いです。(ただし、どこかから漏れているわけですぐに冷えなくなったり、充てんし過ぎると冷気を液化気化する循環がうまくいかず逆に冷えなくなる、などもあります)

 

 

ここでは、クーラーが冷えない主な原因と応急処置について簡単に説明していきます。(実際は他にも原因は有ります。解決しない場合は、専門の車修理の向上でみていただくことをおすすめします。)

 

どこかでエアコンガス漏れをしている

微量で少しずつ漏れているのであればガスを充てんすることで解決します。

金額的にも3000円程度で収まることも多いです。

少しずつ漏れがあるのは異常な状態ではありません。

ただしすぐに漏れる場合は漏れ止めガスを入れたり、漏れている場所を特定して交換する必要があります。

 

ポンプ/コンプレッサーの故障

コンプレッサーは、冷気を作るためにガスを圧縮する装置で、圧縮する力がないと冷気が作れません。ここが故障となると交換する必要があります。新品交換だとかなり高額になることも多く、リビルト品を使うことも当社ではお勧めしています。

 

センサーの故障

センサーが正常に動いていないと、コンプレッサーを動かすことを止めてしまうので、コンプレッサー自体が故障していないのに動かない、といったこともあります。

 

ブロアファンの故障

簡単に言うと、扇風機の機能を果たしている部品です。ここが故障すると風が出てこなくなります。

 

  • エバポレータの目詰まり
  • エキスパンションバルブの故障、詰まり

詰まりが発生する際の大半がその周囲の部品が損傷したものが管を通して流れ込んでしまう、といったケースですので、複合的な原因が考えられます。清掃するより交換する方が良いケースが多いです。

 

 

エアコンが効くまでに時間がかかる!そういった場合の対象法

昨今は夏場は非常に高温で、エアコンが効くまでかなり時間がかかることも多いですが、簡単に効きを早める方法があります。

 

それは、「コンデンサに水をかけてあげる、という方法です。

コンデンサでクーラーガスを冷やすのですが、ここが熱くなっていると当然冷やすのに時間もエネルギーも必要になります。そのコンデンサ自体を冷やしてあげる、というシンプルかつ効果のある方法です。

コンデンサはほとんどのクルマのフロント回りについている網状の部分です。ラジエターの前面についています。

こんな感じの網状の部品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

柔らかい素材なので、ホースか、ペットボトルなどでの水かけで充分です。

是非お試しくださいね。

 

事故車買取タイロッド大阪店

 

 

事故車 高価買取

関連記事