ブログ

愛車のタイヤホイールのロックナットが外れない!

タイヤホイールについて

車両のホイールは通常六角のナットまたはボルト4~6本で装着されています。

ディーラーや自動車整備工場へ持ち込みしなくてもジャッキとレンチさえあればタイヤホイールの脱着は案外簡単に出来てしまいます。

車両はイモビライザーキーや盗難防止装置など防犯されている方も多いと思います。

タイヤホイールは車両の外側についていますので施錠された状態でも脱着作業は可能です。

それに“簡単に出来てしまう“という事は、簡単に盗難にあってしまう危険性もあります。

 

タイヤホイールの防犯

タイヤホイールに盗難防止用のロックナットを取り付けることで、車両のタイヤホイールの防犯になります。

タイヤホイールの通常ナット4~6本のうち、1本をロックナットに付け替えることによって、タイヤホイールは通常のレンチで外すことが出来なくなります。

ナットが1本外せないだけで車両からタイヤホイールは外れません。

ロックナットを廻すには鍵となるキーアダプターをレンチの先に取り付けて作業します。

 

キーアダプターの保管

ロックナットの取り外しに使うキーアダプターは大切な保管が必要です。

車両を鍵などで防犯対応されている方は車内に保管するのが安全と思いますが、特にタイヤのパンクなどの緊急時に、大事に保管していたはずのキーアダプターを何処へ保管したのか覚えていない方も多いようです。

あちこち探してでもキーアダプターを発見できれば良いのですが。。。

キーアダプターの紛失

万が一キーアダプターを紛失してしまったら、どんな解決方法があるでしょう?

キーアダプターのパターンはそれぞれ形が違うので同じ商品を購入したとしても適合しません。

ロックナットはたくさんのメーカーから販売されていますので、種類も様々です。

ナットが六角ではなく外溝が凸凹のパターンがキーとなっているタイプはナットツイスターを使うと外すことが出来ます。

ロックナットを外した後は替わりに通常の六角ナットを取り付けます。

 

取り外しが難しいのはナットの表面に花柄の溝が彫ってあるタイプのマックガードのロックナットです。

マックガードのキーアダプターを紛失してしまった場合はマックガード社より再発行(購入)が出来るようです。

https://mcgard.jp/

上記リンクのホームページのサポートからキーアダプターの再発行に進むと詳細ページがあります。

トヨタ・レクサスとホンダの純正ホイールに装着のロックナットの場合はディーラーでの再発行手続きとなるようです。

後付けでの購入の場合、再発行にはスペアキーコードが必要とあります。

キーコードも紛失してしまった場合は車検証と身分証明書、それとホイールロック頭部の花柄部分をパテで型取りが必要とのことです。

 

まとめ

ロックナットはタイヤホイールの盗難防止には非常に有効です。

但し、鍵であるキーアダプターをなくしてしまうとかなりの手間や労力がかかってしまいます。

キーアダプター本体とそのスペアキーコードは常に分かる状態で保管することが最重要です。

事故車買取タイロッド横浜

事故車 高価買取

関連記事